診療内容

診察概要

診療科目 乳腺外科、内分泌外科
診察内容 各種乳腺検査/精密検査 検診2次精査 良性悪性疾患の治療および経過観察 セカンドオピニオン
健診について 諏訪市 乳がん検診(マンモグラフィ、超音波検査) 自費検診

乳腺疾患の検査について

マンモグラフィ

乳房検診、乳腺に疾患を疑われた場合もしくは症状を自覚されて受診された場合は、マンモグラフィ検査を施行しています。
2枚の圧迫板で上下左右から乳房を強く圧迫してX線撮影をします。乳房から脇の下までを撮影し、およそ15~20分程度を要します。痛みを感じることがあり、検査自体に抵抗を感じる方もおられるかと思いますが、しこりになる前の非常に早期の乳癌を発見できることがあり、大切な検査です。
検査室内、スタッフともに患者さんにリラックスして頂けるような雰囲気作りをしております。不安がある方はご相談ください。
当院では女性のレントゲン技師が撮影にあたっております。

超音波検査

マンモグラフィにて所見が認められたり、あるいは病変を自覚されるような場合は、超音波検査を施行して病変の有無、良悪の鑑別の判断をします。
また、比較的若年の方は、乳腺組織がしっかりとしているため、マンモグラフィよりも超音波検査の方が診断能力に優れていることもあります。この検査は、痛みや被爆を伴わない検査ですので、検査に対する不安は少ないと思われます。
当院では、超音波検査も女性技師が担当しております。

マンモグラフィ・超音波検査により
異常所見があった場合

マンモグラフィ・超音波検査にて異常がない場合は、検診の継続をお願いすることになります。
ただし、異常所見がある場合は、さらに精査が必要となります。

マンモグラフィおよび超音波にて乳がんが疑われる場合は、乳腺の造影MRI検査及び針生検による組織検査にて診断を確定させます。乳腺MRI検査にて病変の良悪の鑑別、病巣の広がり、同じ乳腺内の副病変の有無を確認します。また、細胞ではなく組織を採取することにより確定診断をつけます。これらの検査は、非常に専門性の高い検査であるため、松本市の提携医療機関にて施行しております。
万が一、悪性の診断に至った場合は、当院の連携先である諏訪赤十字病院をはじめ、ご希望の医療機関にご紹介させて頂きます。

  • マンモグラフィー
  • 超音波検査

自費検診について

自費乳房検診

マンモグラフィ + 超音波検査 9,800円(税込)
マンモグラフィのみ 6,800円(税込)
超音波検査のみ 5,800円(税込)

症状(所見)があれば、保険診療に変わります。

甲状腺検査について

甲状腺

甲状腺は、首の正面に位置する内分泌臓器であり、甲状腺ホルモンという大切なホルモンを産生する場所です。この甲状腺に関わる病気としては、大きく分けて【1】働きに関わる疾患 【2】しこりができる疾患の2つに分類されます。

【1】働きに関わる疾患

代表的なものにバセドウ病慢性甲状腺炎(橋本病)があります。どちらも病態が進んだ場合に甲状腺に腫れを生じる疾患ですが、性格は正反対です。
いずれも血液検査にて診断に至ります。
必要に応じて治療の相談をすることになります。

バセドウ病

バセドウ病は、甲状腺の働きが活発になり、血液中に多量の甲状腺ホルモンが分泌される病気です。甲状腺ホルモンが過剰になると、全身の新陳代謝が盛んになり、また自律神経の一つである交感神経の働きが異常に活性化されます。その結果、多量の発汗、暑がる、手の震え、動悸、食欲増加、体重減少等の症状が現れます。また、眼が出てきたりまぶたがつり上がる等の症状が出ることもあります。

橋本病(慢性甲状腺炎)

橋本病は、自己免疫によって起こる甲状腺の慢性の炎症です。女性に多く(男性の10〜20倍)、45歳から65歳の年齢層で多くみられます。炎症があること自体は大きな問題はなく、甲状腺機能に異常がなければ治療の必要はありません。また橋本病の自然経過をみると、その進行は非常に緩徐であり、橋本病と診断されても生涯甲状腺機能が正常なことも多いと考えられます。
症状としては、びまん性の甲状腺腫大がみられることが多く、甲状腺機能低下に起因する以下の症状を呈することがあります。
体重増加、うつ状態、全身の疲れ、脈拍数の低下、高コレステロール血症、便秘、記憶力の低下、不妊、毛髪の脱落など。

【2】しこりができる疾患

甲状腺には、悪性、良性のしこりができることがあります。ご自身で首の腫れにて気づくこともありますが、ある程度の大きさにならないと発見は難しいものです。
検査としては、超音波検査が威力を発揮します。この検査にて、ある程度は良悪の鑑別がつきます。ただし、最終的な診断は、注射の針にて細胞を吸引して採取する細胞診検査にて行います。良性であれば、基本的に経過観察となることが多いのですが、悪性の診断であれば、手術が必要になります。
手術に関しては、提携先の諏訪赤十字病院もしくは信州大学乳腺内分泌外科にお願いすることになります。